ロゼの命日を迎えて 思うこと

こんにちは。


今日はちょっと長くなると思いますが、
お付き合いいただけると嬉しいです。


1年前の今日、6月10日は
大事な大事な子を失った日です。


1390-1.jpg

享年2歳でした。



3年前の6月22日


ロングコートチワワのロゼは
我が家にやってきました。

3か月半で480gというミニミニサイズのチワワでした。


お迎えした初日から、具合が悪くなって
病院で水頭症と診断されました。


その数か月後には、大学病院で先天性の腎不全と診断され、
長く生きられないと言われました。


その先生の言葉通り、昨年の6月10日
2歳3か月の短い生涯を閉じました。


お迎えした当初


病気の子をお迎えしたのは初めてだったので
いったい何をどうしたらいいものか・・・

全く分かりませんでした。


そもそも・・・
腎不全かも・・・と言われた段階で


腎不全って何?!


という状態でした。


1390-2.jpg



動物病院の先生の言うとおり、定期検査に通って、
言われた通りのフードをあげていればいいのかな?


と、当初は思っていました。


ところが


インターネットで調べてみると・・・

知っている人には当たり前のことなのですが、


治らない病気


ということが分かり、衝撃を受けました。


1390-3.jpg


有効な薬もなく、食事療法が中心・・・
しかも、ブログとかで見ると、みんな手作りしてるっぽい・・・


普段から、料理が下手で、お食事に無頓着な母は


絶対ムリ・・・


と思いました。。。


でも、有効な薬がない以上、母がなんとかしないと
この子は死んでしまうんだ。


分からないから できないから・・・


やったことがないから 初心者だから・・・




とか、言ってる場合じゃねーよ!




そう思い、栄養について色々調べ始めました。


ロゼという病気の子をお迎えして、


自分はこの子たちの命を守る責任があるんだ。


ということを明確に意識するようになりました。


これって、当たり前のことなのですが、
自覚したことで、色々と変わりました。


犬たちのお食事はもちろんのこと、しつけだって同じこと。

この子たちを世間から嫌われる子にしてはいけない。
家族から愛されることが一番重要だけど、
できれば、いろんな人に愛されてほしい。


1390-4.jpg


幸せになるために生まれてきた子たちを、
本当に幸せにしてあげなければいけないと思いました。


だからこそ病気のロゼにも、ダメなことはダメと
厳しくしつけました。


1390-5.jpg


そして、自分のせいでロゼの寿命を縮めてしまうことがないように
食事の勉強をしました。



とはいえ、振り返ってみると、
もっと早く知っていれば、ロゼはあと1週間長生きしてくれたかな
とか思うこともたくさんありました。


1390-6.jpg



亡くなる1か月ほど前から、明らかにロゼの体調が悪くなってきました。


低血糖、低体温でケージで倒れているロゼを


「いかないで、ロゼ いかないで」


と泣きながら運転して動物病院まで運びました。


幸いなことに、このときは一命を取り留めました。


1390-7.jpg



この時に知ったのは、

世の中には抗えないものがあって
努力をしても報われないことってあるんだなということでした。


どんなに食事について勉強しても、
萎縮していくロゼの腎臓を、どうにかしてあげることが
できませんでした。

無力であることを感じた瞬間でした。



でも、食事について勉強し、実践をしていくことで
分かったこともありました。


食事って本当に体調を左右する重要な要素だということです。


特に、腎不全の療法食を始めたころは、
やったことがハッキリと血液検査の結果に出ました。


今まで、人間用に調理されたものを犬に食べさせたことは
ありませんでしたが、食事の勉強をしてみて、
味の濃い人間用に調理されたものをあげることは
絶対にしちゃいけないことなんだなと、より強く思いました。


腎不全の子は、尿毒症で気持ち悪くなって
最後は、何も食べられなくなります。


その時・・・


もうなんでもいいから食べてくれれば・・・という必死の思いで、
人間の食べ物を食べさせる飼い主さんの記事を
ブログでよく見ました。


うちもいつか、この時を迎えるんだなと思っていました。


その時までは、絶対に人間用に味付けされたものは
食べさせないようにしようと思いました。


結局、人間の食べ物を食べさせる段階に至る前に
ロゼの病状は悪化して亡くなってしまいました。


1390-8.jpg



ロゼの一生のうちの半分以上を
たんぱく制限された美味しくないお食事をあげていました。


それでもロゼは美味しそうに喜んで食べてくれました。
最後くらいは、美味しいものを食べさせてあげたかったなと思います。



振り返ってみると、ロゼと過ごした2年間
ロゼは私たちに楽しい思い出をたくさんくれました。


でも母の勉強が足りなくて、後悔もたくさん残りました。



最大の後悔は、ロゼの最期に立ち会えなかったことです。


ロゼが亡くなった6月10日 0時40分

この時、母は手術をして病院のベットで
身動き一つできない状態でした。


あと1日入院を遅らせてれば・・・


このことは、きっと一生後悔し続けると思います。


ロゼを亡くして1年。


その思い出が色褪せることはありません。
むしろより強く、ロゼにもう一度会いたいと思います。


玄関のチャイムが鳴って、
ドアを開けたら、足元で小さなロゼが尻尾をフリフリしながら
ニコニコしている夢をよく見ます。


1390-9.jpg


「ロゼ!帰ってきてくれたの!」


と喜んで目を覚ますと、夢だったことに気が付きます。




1年たったいま、
強く思うことは、今いるうちの子たちを
もっともっと大事にしてあげたい。


そして、うちの子だけでなく世界中の子たちが
幸せでいてほしいです。


最後までお読みいただきありがとうございました。
久しぶりに登場したロゼをポチッとクリックしてくださると嬉しいです♪


にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

イブマメ麦ロゼロミ母

Author:イブマメ麦ロゼロミ母
我が家のチワワとダルメシアンのことを綴ったブログです。

登場人物
【人間】
★母:ブログ主です。写真撮影をしたり、ブログの文を書いています。
★パパ:母の相方で、たまに登場します。

【犬:チワワ】
★イブ:2010年6月22日生まれの女の子。ホワイト&クリーム。長崎のthe beach dog出身。チワワチームの年長で、芸達者な食いしん坊万歳です。




★マメ:2010年12月24日生まれの女の子。ブラック&ホワイト。八王子のnuthouse出身。体重1kgのチビチワワですが、度胸も態度もでっかいマイペースチワワです。



★麦:2012年11月21日生まれの女の子。イザベラ&クリーム&ホワイト。八王子のnuthouse出身で、マメのイトコにあたります。まっすぐで素直な元気印です。ヨダレを頻繁に垂らします。




★ロゼ:2014年3月10日生まれの女の子。レッド。お台場のイオンペットで衝動買い。マメより小さな子ですが、いっつも楽しそうな明るい子です。
2016年6月10日に先天性の腎不全のため妖精さんの国に帰りました。




★ロミ:2016年6月10日生まれの女の子。ブルーフォーン。秋田県のリトルダーリン出身。ロゼの命日に生まれてきた子です。ロゼの分までパワーをもらって生まれてきた元気いっぱいの子です。





★リゼ:2016年6月20日生まれの女の子。パーティーカラー。福岡県のRASA出身。我が家で初めてのスムースチワワ。ロゼと同じくらいの極小チワワで高速シッポ振りが得意です。

Rize2.jpg


【犬:ダルメシアン】
★ココ:2009年9月29日生まれの女の子。まったく女の子感のないたくましい体型です。パパ命の子で、母をライバルと思っているようです。

最新記事
最新コメント
メールフォーム
御用の方は、こちらのメールフォームからお気軽にどうぞ♪ お返事できない場合もありますので、ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログ記事の新着情報などをお知らせします! お気軽にフォローしてください♪
 
Instagram
Instagram始めました! うちの犬たちの画像をアップしていきます♪ お気軽にフォローしてください!
Instagram
カテゴリ
訪問者数
PVランキング
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
QRコード
QR